• お問い合わせ
トップ   >    専門治療のご案内   >    リハビリテーションセンター
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

リハビリテーションセンター


リハビリテーションセンター
技士長 佐藤 洋平

当院は地域に密着し、安全安心を第一に超急性期から生活期まで、質の高い、より効率的・効果的なリハの提供ができるよう日々取り組んでいます。
脳血管疾患、運動器疾患、内部疾患、呼吸器疾患、小児疾患など多種多様な疾患に対応しています。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・マッサージ師・リハ助手の約100名以上のスタッフにより、それぞれ専門性を出し、患者様のニーズに応え患者様により添ったリハビリテーションを提供させていただきます。

スタッフ(平成29年4月現在)

理学療法士(PT) 52名
作業療法士(OT) 30名
言語聴覚士(ST) 16名
あん摩マッサージ師 1名
リハ助手 1名

その他

  • 呼吸認定士 7名
  • 運動器認定理学療法士 1名
  • MTDLP(生活行為向上マネジメント)研修修了者 11名

施設基準

  • 脳血管等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がんリハビリテーション料
  • 訪問リハビリ(医療保険、介護保険)

体制

365日体制
(急性期、回復期、療養病棟の休日リハビリテーションの実施)

理念

人を支え、地域に選ばれる、結果を出すリハビリテーション センターを目指します

基本方針

  • 1. 社会人として信頼される、責任感と誠意のある人材育成
  • 2. 自職種の専門性を理解し、アウトカムにこだわるプロフェッショナルの育成
  • 3. 求められる変化に対応し、個々が創造性・柔軟性を発揮できる環境づくり
  • 4. グループのスケールメリットを十分に生かし、リハの力を最大限に発揮する創造的マネジメント
  • 5. より早く、安全に、断らない!多職種連携への主体的関わりと地域への貢献
  • 6. 質の高いリハビリテーションを基盤とした経営的貢献

行動指針

  • 1. 人間力を磨き、明るく、誠実に責任をもって行動しよう
  • 2. 変化を楽しみ、創造しよう
  • 3. 結果がすべて『患者さんにとってどうか?』で議論しよう
  • 4. 知識・個性・創造力・情熱を技術に転換して常に結果を追い求めよう
  • 5. 多様な人たちと協働して目標を達成しよう
    自分の考え方・意見を伝える力、相手の意見を聴く力、違う意見を理解する力を身につけよう

各領域目標

     
1. 急性期より早く、安心・安全を第一に結果を出し、在宅へ繋げる
2. 回復期アウトカムにこだわった質・効率性の向上を図り早期に社会へと繋げる
3. 維持期・生活期生活機能の再建・向上と社会参加までを目的としたフォローアップ
4. 介護予防健康寿命延伸への関わり

リハビリテーションについて

リハビリテーションは、病気や怪我などによって障害を負った人が、自立した元通りの生活もしくは元通りの状態に近い生活を送るために理学療法、作業療法、言語聴覚療法などを行うものです。さらに、生活だけではなく仕事や旅行、買い物等の余暇など、社会の場へ再び参加することを目指して行うものです。
(平成29年4月現在)

理学療法

理学療法とは、病気、けが、障害などによって運動機能が低下した状態にある人に対し、座る、立つ、歩く等の基本動作を向上を目的に運動療法を用い運動機能の再構築を行います。また、温熱、電気、水、光線などの物理的主眼を用いて行われている治療法です。また当院においてはインソール(足底板)療法やテーピング療法、装具などを用いた訓練も行っています。
対象者ひとりひとりについて身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

作業療法

作業療法とは、こころとからだを元気に!自分らしく生きるためのリハビリテーション

私たちは、食事、着替え、入浴、歩くことなど人それぞれの生活を送れるよう、その時期や状態をみながら、治療、援助、指導をしています。当院は総合病院であるため、入院当初からご自宅に帰られるまで、またご自宅での生活までも、作業療法によって援助していきます。
また家族向けの勉強会を開催し、患者様・家族双方が暮らしやすい環境を整える働きも行っています。

言語聴覚療法

言語療法とは、コミュニケーションに問題がある方などに検査、評価、訓練、指導、助言などの支援を行います。 コミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症(聞く、読む、話す、書くといった能力の障害)、構音障害(口・舌がうまく動かせないことによる発音の障害)、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。
また嚥下摂食障害(食べる事、飲み込む事の障害)のある方に対しての評価・訓練や認知・高次脳機能検査も行います。
コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえに問題をもつ方とご家族を支援します。

関連ページ

リハビリテーション科

さまざまの病気により動けない、話せないなどの障害を診断し治療する科です。

PT・OT・ST

当センターの各職種採用情報をご案内しております。

ページトップに戻る