• お問い合わせ
トップ   >    患者さま・ご家族の皆さまへ   >    健康診断・人間ドック   >    特定健診・特定保健指導
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

特定健診・特定保健指導

近年、糖尿病や脳卒中、高血圧症などの生活習慣病の疾患にかかる患者が増加しています。これらの疾患は日頃の運動不足や普段の食生活から発症するケースが大半で、多くの患者は内蔵に脂肪が蓄積した肥満つまりメタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の傾向があります。

発症していない方もメタボリックシンドロームであれば生活習慣病予備軍として、いつ病気が引き起こされてもおかしくありません。

そこで平成20年4月より、メタボリックシンドローム該当者を早期発見し、食事改善などを通して生活習慣病を防いでいく特定健康診査(特定健診)・特定保健指導が開始されました。

特定健診のご案内

対象者

40歳~74歳までの被保険者・被扶養者

※ご加入の保険証の保険者から対象者へ受診案内があります。

実施時間

※予約制

平日 9:30 ~ 12:30
土曜日 9:30 ~ 12:30

特定健診の検査項目

基本項目

  • 問診票
  • 自覚症状および他覚症状の有無
  • 身体測定(身長・体重・腹囲・BMI)
  • 血圧測定
  • 血液検査
    • 脂質検査 (中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
    • 血糖検査 (空腹時血糖・HbA1c)
    • 肝機能検査 (AST・ALT・γ-GT)
  • 尿検査 (尿糖・尿蛋白)

詳細な健診項目の追加(医師が必要と判断した場合実施)

  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査 (ヘマトクリット値・血色素量・赤血球数)

特定健診オプションのご案内

特定保健指導のご案内

特定保健指導実施時間

※予約制

月 ~ 金 9:00 ~ 12:00 / 14:00 ~ 16:00 
9:00 ~ 12:00

特定保健指導の対象者

特定保健指導実施内容

医師・保健師・管理栄養士がしっかりサポートいたします。

動機付け支援

支援期間 6か月
支援方法 初回 個別面接にて個々の生活習慣に対応した行動変容計画 を作成し、具体的なアドバイスを提示します。
評価 6か月後、個別面接・メール・電話などの手段で目標の達成度を確認します。また今後のアドバイスを提示します。

積極的支援

支援期間 6か月
支援方法 初回 個別面接にて個々の生活習慣に対応した行動変容計画 を作成し、具体的なアドバイスを提示します。
2回目~ 個別面接・メール・電話などの手段で個々の行動変容計画の実行途中に、数回にわたりサポートを行います。目標の再確認、実際の状況を確認し、今後のアドバイスを継続して行います。
最終評価 6か月後、個別面接・メール・電話などの手段で目標の達成度を確認します。また今後のアドバイスを提示します。
ページトップに戻る