• お問い合わせ
トップ   >    診療科のご紹介   >    内科    >   呼吸器内科
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

呼吸器内科

呼吸器内科が対象とする主な病気

おもにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息、間質性肺炎、感染症、腫瘍、睡眠時無呼吸症候群、呼吸不全などを対象としています。その他、以下のようなものも対象としております。

間質性肺炎
胸部CT検査、呼吸機能検査、気管支鏡検査(TBLB、BALなど)ほか検査の上治療を行います。
睡眠時無呼吸症候群SAS
AHI(無呼吸低呼吸指数)20以上の重度のSASに対してCPAP治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行っています。
肺悪性腫瘍、肺癌
抗がん剤による化学療法は、外来治療を中心に行っています。
肺真菌症、肺抗酸菌症
結核については隔離治療が必要な場合を除き、外来治療を行っています。

呼吸器内科で行なっている主な検査

  • 喀痰検査(細菌検査、細胞診検査、好酸球数)
  • 胸部X線・CT(コンピュータ断層撮影)・MRI(核磁気共鳴画像法)
  • 核医学検査
  • 呼吸機能検査
  • 6分間歩行検査
  • PSG(ポリソムノグラフィー)
  • 気管支鏡検査

また、肺がんに対して化学療法(抗がん剤治療)は行っておりますが、放射線治療は行っておりません。

こんな症状のときは受診をしてください

咳・痰
遷延性咳嗽(3週間以上続く咳)、夜間・早朝にみられる咳嗽、喘鳴など
呼吸困難
突然の呼吸困難、階段や坂道での息切れ、平地でも苦しくて歩けないなど
胸部異常陰影
健診などの胸部X線検査上の異常影など
禁煙
タバコをやめたいが、自分ではなかなかやめられない
夜間の無呼吸・日中の眠気
運転中に眠気が強い、日中の活動性低下、睡眠発作など
粉塵が多い環境下での労働
職業上(鉱山や炭鉱、陶磁器製造業、製紙業、石切業、鋳物業、トンネル工事、アスベストを用いる建築や建造物の解体など)粉塵の多い環境に従事していたことがある

受診時のアドバイス

かかりつけ医や近医、会社の産業医などから、まず地域連携室へご連絡ください(医療機関の受付の方やご本人からでも可能です)。
曜日や時間帯により呼吸器医師が対応できないこともありますので、かならず診療の可否をご確認の上、受診の予約をお願いいたします。ご来院の際には、紹介状を持参されるとさらにスムーズに受診ができます。

専門外来

睡眠時無呼吸外来禁煙外来を開設しています。

禁煙外来終了後も、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療を継続的に行い、肺がんの早期発見に努めています。
在宅酸素療法(HOT)やCPAP治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行っていますが、月一回の通院が必要となりますので、遠方から受診される方は対応できるお近くの病院を紹介いたします。

また月に1~4回の定期的な治療が必要な抗がん剤治療については、外来治療を中心に行っています(外来化療室)。

今後は、アスベスト肺など塵肺外来の開設を予定しています。

各専門外来の詳細

各疾患ごとの診療実績

気管支喘息 約290名/月
COPD・肺気腫 約180名/月
肺結核/非結核性抗酸菌症 約30名/月
肺真菌症 約10名/月
肺悪性腫瘍・肺がん 約20名/月
肺炎 約30名/月
気胸 約15名/年
気管支拡張症 約35名/月
間質性肺炎 約20名/月
睡眠時無呼吸症候群 約100名/月
慢性呼吸不全 約40名/月

気管支鏡検査(症例数)

約120件/年(ポータブル 約20件/年)

研修医のみなさまへ:後期研修プログラムについて

気管支鏡検査などの習得、救急外来で多くの救急症例を経験し、早期に多くの手技・治療(IVH、NIPPV、挿管、人工呼吸器管理など)を取得することができます。

一病院内の研修で偏った研修とならないよう、近隣の専門病院やIMS(イムス)グループ病院との研究会・勉強会への参加するができます。

他病院との医師とのコミュニケーションを通して、医学・医療知識の向上とともに医療連携の大切さを知り、その中で個々自分の呼吸器内科医師としてのビジョン形成を行っていきます。

医師紹介

井上 洋介(部長)

専門分野 呼吸器(気管支喘息など)
資格 日本呼吸器学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本内科学会認定医
主な学会活動 日本アレルギー学会
日本呼吸器学会
日本内科学会
日本肺癌病学会

佐藤 航太

専門分野 呼吸器一般
資格 日本外科学会専門医
主な学会活動 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本アレルギー学会
日本肺癌学会
日本外科学会

関連ページ

内視鏡センター

消化管・肝胆膵・呼吸器疾患の診断と治療を行なっております。

ページトップに戻る