• お問い合わせ
トップ   >    診療科のご紹介   >    循環器内科
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

循環器内科

体中に血液を循環させるためのポンプである「心臓」や血液を全身に届ける配管の役割をしている「血管」に関する病気に関して診断・治療する内科です。特に救急・入院治療に力を入れています。

循環器内科が対象とするおもな病気や体の部位

狭心症や急性心筋梗塞など心臓を栄養している血管(冠動脈)の狭窄や閉塞によって生じる虚血性心疾患、心臓のポンプ機能が障害されて生じる心不全、脈が極端に遅くなったり(徐脈性)速くなったり(頻拍性)、乱れたりするようなや不整脈、肺動脈が血栓によって詰まってしまう肺動脈血栓塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)、足の血管が狭窄や閉塞する末梢動脈疾患などが対象となります。

心臓を栄養する血管(冠動脈)に関する病気
狭心症、急性心筋梗塞
心臓のポンプ機能障害
心不全
心臓のリズムに関する病気
・脈が遅くなる(徐脈性)不整脈

完全房室ブロック、洞不全症候群

・脈が遅くなる(頻拍性)不整脈

発作性上室性頻拍、頻拍性心房細動など

足の血管の狭窄
下肢末梢動脈狭窄症
肺の血管(動脈)の病気
・肺動脈血栓塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)
・肺高血圧症

特に肺動脈血栓塞栓症が完全に治癒しなかった場合(血栓が溶けずに肺動脈内に残った場合)に生じる慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の治療(薬剤およびカテーテル治療:BPA)に力を入れています。

その他
・二次性高血圧症
・家族性高コレステロール血症

快適でストレス・フリーのカテーテル検査・治療をめざして

当院の心臓血管カテーテル室は高度医療機器を備え、さらに苦痛、不安やストレスのない快適な検査・治療を提供するために内装や照明などにも配慮した優しく暖かい環境をご用意しました。スタッフ(看護師、放射線技師、臨床工学技士)も、全員が日本循環器学会/米国心臓協会の一次・二次心肺蘇生(BLS/ACLS)プロバイダーやインストラクター資格を有し医療技術の向上に日頃から研鑽すると共に接遇面の教育にも力を入れています。

入院・救急医療への集中

当科が対象とする病気は、重症で命に関わるような救急疾患が多いのが特徴です。

当科は、総合病院の循環器内科としてクリニックや診療所で行うことが困難な高度な検査や治療を提供することを地域医療における第一の使命と捉えております。したがいまして、救急対応や入院を必要とする患者さまへの対応に力を入れています。

地域医療連携強化

狭心症や急性心筋梗塞などの重症・救急患者さまを常に積極的に受け入れ緊急対応や質の高い入院・救急医療を提供することが地域中核病院の循環器内科が果たすべき役割であり、状態が安定した患者さまや高血圧症や脂質異常症などの慢性疾患に関しては、積極的に地域のクリニックや診療所へ診療をお願いしております。
そして、クリニックや診療所から高度な検査や入院治療などのためにご紹介いただいた場合は、最優先で対応いたします。

循環器内科の診療内容

外来での一般的な心電図や胸部レントゲン写真、血液検査などに加え心エコーや24時間ホルター心電図、運動・薬剤による負荷検査(心電図や心筋シンチグラム)および冠動脈CTなどを行います。虚血性心疾患に対しては入院での心臓カテーテル検査(冠動脈造影術)や治療(カテーテルを用いたバルーンによる血管拡張術や血管内ステント留置術)が可能です。徐脈性不整脈に対して永久ペースメーカ移植術も施行しています。慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対するカテーテル治療(経皮的肺動脈拡張術:BPA)も2016年度より開始しました。

主な循環器系検査

  • 12誘導心電図(随時)
  • ABI(随時)
  • 心エコー(予約制、必要に応じて随時対応可)
  • 24時間ホルター心電図(予約制)
  • 植え込み型心電計(要一泊入院)
  • トレッドミル運動負荷心電図検査(予約制)
  • 薬剤負荷心筋シンチグラム(予約制)
  • 肺換気・血流シンチグラム(予約制)
  • 冠動脈造影CT(予約制)
  • 肺動脈造影CT(予約制、緊急対応可、下肢静脈も同時撮影可)
  • 大動脈・末梢動脈造影CT(予約制、緊急対応可)
  • 心臓MRI(予約制)
  • 心臓カテーテル検査(緊急対応可、要入院)

こんな症状のときは受診をしてください

胸痛

締め付けられるようなまたは圧迫されるような胸の中央から左側の痛み

  • 急激に生じて冷や汗や吐気・嘔吐を伴い20分以上持続する場合は救急車を呼んでください
  • 重いものを持ったときや歩き始め・階段や坂道を登るときに生じ、休むと5-10分くらいで改善する胸痛が繰り返す場合は、早めに外来を受診してください
  • 対照的に「チクチク」するような表面の痛みで、座っているときなど静かにしているときに生じ、数秒程度で良くなる場合は、心臓の病気が原因である可能性は低くなります。ご心配であれば、まずお近くの内科クリニックや診療所にご相談ください。

呼吸困難

息切れや息苦しくなる症状です

  • 歩行などの日常生活上の軽い動作で息切れが出現し徐々に悪化する場合などは、速やかに外来を受診してください。
  • 座っているときや夜間睡眠中に急速に息苦しさが生じ、ゼーゼーして息切れのため会話が困難になったり、冷や汗をかくような場合は救急車を呼んでください。

動悸

自分の心臓の鼓動を感じる(ドキドキする)症状で、一般的に不整脈で生じます。

  • 突然起きて数十分〜数時間持続したあとパッとなくなるような発作性の場合で、心臓の鼓動が著しく速い場合(脈拍が約130回/分以上)
  • 鼓動のリズムが不規則になって著しく乱れる場合(ドキドキ、、ドキ、ドキドキドキドキ、、、ドキドキ、、など)
  • 上記の場合は、症状があるときに心電図で確認することが重要となります。
  • 心臓の鼓動が規則正しく、脈の速さが50-100回/分程度の場合は、心臓の病気(不整脈)が原因である可能性は非常に低くなります。ご心配であれば、まずお近くの内科クリニックや診療所にご相談ください。

歩行時の足のしびれや痛み

筋力トレーニングや激しい運動をしていないのに、ある一定の距離(100mや200mなど)歩いたときに、ふくらはぎに「こむら返り」のような筋肉痛に似た痛みやしびれが生じ、歩くのを止めて休むと改善することを繰り返す場合。その特定の距離を歩いたときに「必ず」症状が出て、それ以下の距離や歩いていないときには症状が出ない場合、特に症状がでるまでの歩ける距離が短くなってきている場合には、速やかに外来を受診してください。

受診時のアドバイス

胸痛や呼吸困難などは、突然症状が起きて急速に悪化するときは、すぐに救急車を呼んでください。

動悸は、症状があるときに心電図を取ることが大切です。症状が生じた場合は速やかに受診してください。
可能であれば症状があるうちに受診していただけると診断がつきやすくなり、必要な場合は速やかな治療が可能になります。

研修医のみなさまへ:後期研修プログラムについて

  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会認定医研修施設
  • バランスの取れた研修が可能:非侵襲的/侵襲的検査・治療に対して幅広くトレーニングを受けられる
  • 心臓カテーテル検査・治療を術者として十分な症例数の経験が可能

治療や手術の実績

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
冠動脈造影(CAG) 219件 421件 494件 594件 459件
経皮的冠動脈形成術(PCI) 176件
うち緊急 53件
194件
うち緊急 80件
254件
うち緊急 102件
265件
うち緊急 88件
304件
うち緊急 113件
末梢血管インターンベンション(EVT) 17件 51件 114件 100件 88件
バルーン肺動脈形成術(BPA) 0件 0件 0件 0件 10件
(2017年2月より)
ペースメーカー 20件 33件 35件 30件 34件
血管内超音波検査(IVUS) 154件 169件 230件 254件 289件
冠血流予備量比(FFR) 53件 99件 125件 188件 154件

医師紹介

源河 朝広(部長)

源河 朝広 (部長)
専門分野 循環器内科(循環器救急医療)
主な学会活動 日本循環器学会 循環器専門医
日本循環器学会 循環器救急医療委員会
日本循環器学会 BLS/ACLS講習会シニア・ファカルティ
アメリカ心臓協会
日本内科学会認定医

篠崎 雅人(副部長)

篠崎 雅人 (副部長)
専門分野 循環器疾患全般(特に虚血性心疾患に対するインターペンション)
主な学会活動 日本心血管インターベンション学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本循環器学会
日本内科学会

宮内 尊徳(医長)

宮内 尊徳
専門分野 循環器内科
主な学会活動 日本循環器学会
日本心血管インターベンション学会認定医

木暮 武仁

木暮 武仁
専門分野 循環器科
主な学会活動 日本内科学会
日本循環器学会
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医

大石 岳

専門分野 循環器内科
主な学会活動 日本内科学会
日本循環器学会
日本消化器病学会
ページトップに戻る