• お問い合わせ
トップ   >    診療科のご紹介   >    形成外科
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

形成外科

主に体の表面にある病気の治療を行います。皮下、筋肉の病気を扱うこともあります。

形成外科が対象とする主な病気やけが

皮膚、皮下、筋肉、爪など体表面に近い部分を治す科です。

皮膚
皮膚良性腫瘍(ほくろなども含まれる)、皮膚悪性腫瘍、怪我なども治療していきます。
皮下、筋肉
皮下の腫瘍、筋肉内の腫瘍
巻き爪、爪の脱臼など
顔面の骨
乳房
女性化乳房、乳がん後の乳房再建、陥没乳頭

形成外科の治療方針

基本的にはレーザー、手術による治療を行っていますが、軟膏、注射による治療も行います。

こんな症状のときは受診をしてください

  • 体の表面にできもの(腫瘍)ができた場合
  • 体の皮下、もしくは深いところに触ってわかるできもの(腫瘍)ができた場合
  • 顔のけが
  • 爪が痛い場合
  • なかなか治らない傷

受診時のアドバイス

体表面の病気、けがの場合は形成外科にかかってください。

治療や手術の実績(症例数)

外来手術 500例 (レーザーも含む)
入院手術 140例

医師紹介

平田 佳史(部長)

平田 佳史
専門分野 形成外科全般
主な学会活動 日本形成外科学会専門医
日本マイクロサージャリー学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本美容外科学会
ページトップに戻る